ヒステリックバトラー

ブロガーのしゅうへいさんに憧れブロガーになろうと思ってブログ設立新人ブロガー

ブレーカーが落る!!「漏電?・使いすぎ?」対処法教えます

f:id:hystericbattle:20180914202219j:plain

こんにちは、ヒステリックバトラーです。

 

電気工事士になり5ヶ月ほどたちました。プロではないですが、漏電の修理・簡単な対処法を教えます。

参考≫電気工事士・あると便利作業工具・住宅編 - ヒステリックバトラー

 

 

先日、ホテルの看板のライトが漏電してるから来て欲しい!!夕方までに直さないとホテルが営業しているか分からない状況になり客足も減ってしまうので慌てて行きました。

 

ホテルの従業員から説明を受け、絶縁抵抗計で調べた所0の表示漏電してました。 1時間ほどで漏電は直したのですが、従業員が教えたブレーカーと看板は別物だったので二箇所直した事になり、2倍の費用が掛かってしまいました。        お客様の親切心が裏目に出てしまう事も有るので気おつけましょう。

 

そんな事も踏まえて「ブレーカーが落ちて困ってる!!」という悩みの解決策を、解説しようと思います。

 

 

目次

 

 

ブレーカーが落ちる原因とは??

 

 

f:id:hystericbattle:20180914222652j:plain

一つ目に、ブレーカが落ちる原因は契約アンペア(A)より使い過ぎると落ちます。

例、貴方の家に30アンペアのブレーカーが付いてたとします。

 例えばエアコン一台の電流が1000Wだとし                 1000ワット(W)×100ボルト(V)=10アンペア(A)エアコンを三台同時に使えば30(A)、ブレーカーが落ちます。これが契約アンペアより使いすぎる状況になります。

 

 

  二つ目に、漏電していると漏電ブレーカーが働いて落ちます。漏電する状況はさまざまで、コンセントを止めるビスが電線を押していたから漏電した、電線の劣化で漏電する事も有ります。一概にこれで漏電してるとはココでは言えません。

 

 

アンペアブレーカーが落ちたとき

f:id:hystericbattle:20180915204538j:plain

最初に、アンペアブレーカについて教えます

 

電力会社と契約した容量以上の電流が流れると遮断するのがアンペアブレーカです 他に契約ブレーカ・リミッタブレーカとも呼ばれます。

 

アンペアブレーカが落ちる原因は、電気の使い過ぎです。            アンペアブレーカが落ちた際、再度ブレーカを上げるときには、使っていた電化製品のコンセントなどを抜いてからブレーカを上げてください。

 

ブレーカが落ちた時の、状況のまま再び上げると、そのとき使用してた電化製品が一斉に電源が入り再びブレーカが落ちる原因になります。

 

 

 

 漏電ブレーカが落ちたとき

f:id:hystericbattle:20180915210044j:plain

漏電ブレーカ(漏電遮断器)について                      配線や電気設備に漏電が発生したとき、火災や感電事故の発生防止するのが漏電遮断器です。

 

漏電ブレーカが落ちたときの対処法                      漏電ブレーカが落ちると当然建物は真っ暗になります。その際、ブレーカを入れに行くんですが、漏電ブレーカが上がらなくて「どうしよう?どうしよう?ブレーカ壊れたの?」色々なことを考えると思います。

 

漏電ブレーカが上がらなくて当たり前です。「だって漏電してるんだもん」

 

ですが、そのままブレーカが上がらなかったら暗いままなので。漏電した際の応急処置を教えたいと思います。

 

漏電した際の応急処置

応急処置の方法は簡単で、漏電した場所だけ電気を送らなければ、他の場所は通常通り使えるわけです。なので、まず漏電した場所を探します。

 

f:id:hystericbattle:20180915213355p:plain

 

↑漏電した時はこんな状態です。この状態では漏電ブレーカを入れ用としても、ブレーカは上がりません。

f:id:hystericbattle:20180915213856p:plain

↑次に、子ブレーカを全てオフの状態にします。とりあえず漏電ブレーカが上がる状態になりました。ここで漏電ブレーカがONの状態で、子ブレーカを一つずつON にしていった時に漏電ブレーカが落ちたら、そのブレーカ(回路)が漏電場所です。

 

 

・分かり易く紹介してる、動画があったので載せときます。

 

 

安全ブレーカが落ちたとき

f:id:hystericbattle:20180915215631j:plain

安全ブレーカについて                            分岐回路の配線に対応して、機器の安全を守るのが安全ブレーカ(配線用遮断器)です。部屋ごとに、ブレーカがあると思ってもらえば大丈夫です。

 

落ちる原因                                 回路内の短絡(ショート)・過電流(電気の使い過ぎ)が落ちる原因になります。このブレーカは回路ごとに落ちるので、建物の一部が停電します。

 

 

ブレーカーが落ちやすい時

f:id:hystericbattle:20180915221630j:plain

ブレーカが落ちる原因のほとんどが電気の使い過ぎです。いろんな家電製品を一度に使った際にブレーカが飛びます。電気は車と同じで、動き始めが一番エネルギーを使います。なので同時に電気がONになる、ブレーカを入れる際には、使っていた電化製品の電源をOFFにしといて下さい。

 

 

 

 

hystericbattle.hatenablog.com

 

 

 

hystericbattle.hatenablog.com